庭のこと、日々のこと


by livegreen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

対岸の彼女

今回は、本をたくさん持ってきました。さて、どれくらい読めるでしょうか?

角田光代 「対岸の彼女」
f0195963_17244538.jpg


角田さんの作品は好きです。読みやすい、面白い、共感できる。

この直木賞受賞作を今まで読んでいなかったとは・・・。今更の感もありますが、とてもよかったです。何回も涙が出ました。特に葵となな子の友情は切ない。私は角田さんより年代がかなり上ですから、「ひとりぼっち恐怖症」の世代ではありませんし、男女共学校にいたせいか、あからさまに人を排除したりされたりした経験はありません。それでも、この女子高校生の関係はすごくよくわかる。女子ならではの友情だと思います。さらに、年齢のせいもあり、葵の母親にも共感できる自分に驚きです。高校生の娘をもつ母親の苛立ちが身にしみるのです。お父さんのやさしさも・・・。

上手に生きているとはいえない大人になった葵と小夜子に希望がみえて、うれしい!

いろんな生き方、いろんな幸せ、どれもいとおしく思えます。
[PR]
by livegreen | 2011-07-07 17:29 |