庭のこと、日々のこと


by livegreen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

シャクヤク

しばらくは、庭に出てもあまりやる気が起きず、水やりや草取りがせいぜいでした。
新しいものを植えたり、花壇をつくったり、という生産的な気分になれなかった。それでも、やはり土にさわると落ち着きました。特に草取りは無心にできるので、思わぬ効用。

今日は久しぶりに植物の写真をとりました。
大好きなシャクヤクの芽。この赤い芽が力強く硬い土から頭を出すと、なんだかこちらまで元気をもらえるので、ずっと大好きです。今年の芽はいつもより、さらに大きくがっしり感じます。
f0195963_15503572.jpg


そして、とてもうれしかったのが山シャクヤクの蕾。
f0195963_15512880.jpg

これは、もう4年位前に友人から小さな苗をいただきました。毎年葉は少しだけ出るのですが、弱弱しくてもうだめかと思っていました。
今日、水やりをしていたら、なんと、蕾がついていました~!!
我慢強く、あきらめずに待っていれば、花をつけてくれる、、、、これは生きているものすべての力です。
[PR]
by livegreen | 2011-03-27 15:55 |

卒業式

すっかり、ブログをほったらかしでした。
今現在、すべてに集中力が欠け、まだ前向きになりきれない自分です。
個人的にもいろいろ、変化の春が重なっています。

そんな中、娘の卒業式が規模を縮小して行われました。

f0195963_7212070.jpg


約1700名の卒業生たち、おめでとう!!この若い人たちがこれからの日本を支えていくのだ、としみじみ実感しました。

今年の日本中の卒業生たちは、式があっただけでも幸せ。卒業パーティーも謝恩会も卒業旅行もすべて、キャンセルでした。でも、みんなそれを当然のことと受け止めて前向きです。

若い人たちにエールをおくります。私たち中高年も頑張らなくっちゃ!!
[PR]
by livegreen | 2011-03-27 07:26 | その他

素朴に疑問

私はノンポリですから、政治のことはよくわかりません。

けれど、菅総理が自民党に入閣要請をしたのは、震災対策を早急に効果的にすすめたい、との真剣な思い、からだったと思います。

これを機会にねじれを解消しよう、と考えたとは普通は思わないです。

要請された方も、政策の違いはあっても、今は特別の時、入閣してまずできることを実行する、というふうには考えられないのでしょうか。

やっぱり政治家って、庶民感覚からずれてない??
[PR]
by livegreen | 2011-03-20 07:57 | その他

地震

地震から5日目。
ブロガーの方たちは、更新を自粛する方あり、平常心を保って更新する方あり、とさまざまです。私はどうしよう、、、、正直言って、園芸や植物のことを書く気にはなれない。

それでも思いばかりは募るのです。つまらない感情論は書きたくないので、今の私の気持ちを的確に書いてあるブログから、引用させていただきます。

≪このような場合に「安全なところにいるもの」の基本的なふるまいかたについて自戒をこめて確認しておきたい。

(1)寛容
茂木健一郎さんも今朝のツイッターで書いていたけれど、こういう状況のときに「否定的なことば」を発することは抑制すべきだと思う。
いまはオールジャパンで被災者の救援と、被災地の復興にあたるべきときであり、他責的なことばづかいで行政や当局者の責任を問い詰めたり、無能力をなじったりすることは控えるべきだ。彼らは今もこれからもその公的立場上、救援活動と復興活動の主体とならなければならない。不眠不休の激務にあたっている人々は物心両面での支援を必要としている。モラルサポートを惜しむべきときではない。≫  内田樹の研究室

報道などを見て、このことを本当に強く感じています。私たちは何もできない。だからこそ、必死で被災地を救おうとしている人たちを応援し続けなければいけない、ですよね。
[PR]
by livegreen | 2011-03-16 20:26 | その他

地震

ひどいことになりました。
練馬区の私の住むあたりは、ほとんど被害はありません。今朝から住宅の工事現場なども仕事をはじめ、ゴミの収集もありました。
早朝の余震から起きてしまい、ただテレビを見るばかり、気持ちがざわついて何もやる気が起こりませんでした。
10時前に犬の散歩に行ったら、近所は閑散としていましたが、畑でおばあさんがぽつんと一人でもくもくと、ねぎの苗を植えていました。

なんだか、その気持ちがよくわかります。私も、どうせ何もできないので家に帰って少しだけ土をいじりました。

被害にあった方々、東北地方の方々には申し訳ないと思いつつ、植物の”生きている力”を感じて勇気づけられたようです。

寒い中で心細い思いで救助をまっている人たちのことを思うといてもたってもいられませんが、今は祈ることしかできません。

どうぞ、これ以上被害が広がりませんように。
[PR]
by livegreen | 2011-03-12 13:11 | その他